【紅茶のこと】道具について(ティーコジー、ホットウォータージャグ、ミルクピッチャー)

紅茶の道具でポット、カップ、スプーンが基本的にはイメージできますが、紅茶のことをもっと知ろうとするなら、紅茶の道具をさらに確認しておくと面白いです。

興味が出ると、次々知りたくなってきますし、欲しくもなってきます。

今回は、ティーコジーホットウォータージャグミルクピッチャーについてです。

紅茶について

ティーコジー

当初、ティーコジーというものがどういうものか知らなかったのはもちろん、名前さえ聞いたことがありませんでした。

適当な写真が無く申訳ないのですが、紅茶を入れたティーポットにかぶせる保温用の帽子のことです。

まぁ帽子といってもベースボールキャップや麦わら帽子のようなものではなく、ニット帽のようなものです。

お茶を楽しんでいる時間、少しでも紅茶が冷めてしまわないよう、保温目的のための道具です。

抽出した後の紅茶を長い時間保温するというのが目的です。

室温が低かったり、庭先や、風があたるような場所にティーポットがある場合に、効果があるでしょう。

ホットウォータージャグ

ティーポットとは別に、熱湯だけが入った容器があります。それがホットウォータージャグです。

この熱湯の目的は、紅茶の濃さを自分の好みに調整することにあります。

紅茶専門店であれば、紅茶と一緒に出て来ることがよくあります。

個人的には濃いも薄いも楽しんで、尚且つ飲むペースが早いので使ったことはありませんが、小さな子供や濃い紅茶が飲みづらい場合は便利です。

ホットウォータージャグの使い方としては、紅茶が注がれたカップに熱湯を足して調整するのが基本です。

ポットに注いで二煎目にするわけではありません。

これをしてしまうと、底に沈んでいる水分を含んで弱まった茶葉に熱湯があたり、細かい繊維質となってカップに入ってしまい、渋くなり、濁ってしまいます。

日本茶や中国茶は二煎目、三煎目として複数回お湯を継ぎ足して楽しめますが、紅茶はそうはいかないというところが、全く異なったところであり、面白いところでもありますね。

手軽にホットウォーターポットを使ってもいいかもしれません。

ミルクピッチャー

ミルクピッチャーはコーヒーでよく見聞きするイメージがあります。

ラテアートなんかでも使われていますが、コーヒーは凡そ乳脂肪分の高いクリームが使われていますが、紅茶の場合(イギリスので飲まれるティーウィズミルクの場合)は、クリームの代わりに低温殺菌牛乳で、不均質牛乳という種類が使われます。

コーヒーは、約150mlに対して10~15mlで十分なクリーミーさが出ます。

紅茶に使うのが良いとされる不均質牛乳というのは、また詳しく確認していきますが、本来の牛乳とされるものです。

本来の牛乳は、軽くさらっとした風味で、コーヒーと同様の比率だとミルクの風味が弱いので、かなり多めに入れます。

1カップあたり、30mlがよいとされています。(少なくとも20mlはあったほうがよいとも。)

また、紅茶は一人で2、3杯飲むので、牛乳も多く必要になり、ミルクピッチャーも大きくなります。

だいたい150~250mlが入るものが用意されます。