10月、本格的な秋・冬に備えてチャイを

2019年10月1日

10月になりましたね。

消費税が10%になったということで、世間ではいろいろ話題になっていますが、これからの秋・冬の季節は紅茶がより美味しく感じられる時期でもあります。

今期はチャイを試してみたいとおもっていたので、軽めにスパイスを用意してひとまず作ってみることにしました。

チャイ イメージ

とりあえず、ぽいものを揃える

チャイといってもレシピは様々ですが、とりあえず手に入れられるスパイスを使ってみます。

何か変わったものを揃えているイメージのある成城石井で(笑)、とりあえず買い物をしました。

スパイス チャイ

ブラックペッパー、カルダモンで、とりあえず軽めのチャイを作ります。

ブラックペッパー

要は黒コショウですね。

インド原産で、よく料理に使われるスパイスの一つですね。

カルダモン

名前は聞いたことがあり、せいぜいカレーに使われているスパイスという程度のイメージしか持っていません。

カルダモンは、ショウズクという南インド原産のショウガ科の多年生草本で、その種子がカルダモンと呼ばれます。

実ではなく、種なんですね。

マサラ風チャイ

ということで、作ったのがこちらです。

スパイス チャイ

ま、見た目はティーウィズミルクと変わりませんね(笑)

しかし、スパイスの影響はちゃんとあって、特有の香り、優しめの刺激が加わり、グラニュー糖の量や練乳を用いたりすると面白いチャイができそうですね。

今回は手始めということでシンプルにしましたが、別のスパイスも使っていろいろ試していきます。

もちろん、美味しかったですよ。

レシピ

材料
茶葉(アッサムCTC、ケニアCTCを推奨) ティースプーン2杯
水 140ml
牛乳 210ml
ブラックペッパー 3粒
カルダモン 2粒
グラニュー糖 ティースプーン1杯くらい

手順
1.ブラックペッパー、カルダモンを潰し、鍋に入れる
2.水を入れ、沸騰したら火を止めて茶葉を入れ、2~3分蒸らす
3.蒸らしたら牛乳を入れ、弱火~中火でぐつぐつと煮出す
4.完全に沸騰してしまわないように、ふつふつとなれば完成

なお、好みで煮出す時間は長めにしてもいいと思いますし、スパイスの量を調整してみてもいいのではないかと思います。