【メディカルハーブ検定対策】本番まであと5日!基剤について

ハーブ製剤で使うハーブ以外の材料を基剤といいます。

基剤には、次の2つの役割があります。

ハーブの有効成分を利用しやすい形で抽出、加工する

基剤そのものにも有効な働きがあり、ハーブとの相乗効果の期待

基剤の種類や特徴を確認していきます。

メディカルハーブ検定対策 勉強 学習 使い方 選び方

基剤について

具体的に基剤は、次のようなものがあります。


基剤 水

アルコール
基剤 アルコール

植物油
基剤 植物油

ミツロウ
基剤 ミツロウ

グリセリン
基剤 グリセリン

クレイ
基剤 クレイ

※各写真はイメージです。

様々な形に加工することを製剤、加工した形を剤型いいます。

基剤の特徴と活用方法について

基剤 水

水道水ミネラルウォーターは、ハーブティー湿布に、精製水外用チンキの希釈、パック剤に、芳香蒸留水は、芳香成分を微量に含むので、ローションやパックの基剤として使われます。

芳香蒸留水は、ハーブから精油を抽出する時に得られる副産物になります。

アルコール(エタノール、エチルアルコール)

基剤 アルコール

アルコールは、水溶性脂溶性の両方を溶かします。

消毒作用を持つので、抗菌作用のあるハーブとの相乗効果が期待でき、防腐剤としても役割もあります。

主にチンキを作るときに使われます。

エタノールの濃度によって3種類に分けられます。

濃度 76.8~81.2% 消毒用エタノール
濃度 95~95.5% エタノール
濃度 99.5% 無水エタノール

なお、無水エタノールは、原液のまま皮膚に触れてしまうと、皮膚を硬化させる恐れがあるので注意しましょう。

無水エタノールは外用チンキを作る際に使い、内用チンキにはウォッカ(40度以上)を使います。

植物油

基剤 植物油

植物の種子を圧搾(あっさく)して得られる油です。

安全性が高く、軟膏浸出油などの基剤として使われます。

マッサージオイルとして利用できますが、パッチテストを行っておくといいでしょう。

酸化しやすい植物油もあるので、密閉して冷暗所に置いておきましょう。

マカデミアナッツ油は、酸化防止の為にビタミンEを多く含む小麦胚芽を、およそ10%加えることがあります。

ミツロウ

基剤 ミツロウ

要はロウですね。

ミツバチが分泌する成分で、ビーワックスとも呼ばれます。

抗菌効果保湿効果があり、軟膏クリームの材料に使われます。

60~67度くらいで溶けて液体になります。

精製したものは白色、未精製のものは黄色です。

グリセリン

基剤 グリセリン

植物性動物性の脂肪や油脂からとれる無色透明で無臭の液体です。(写真は石鹸として作られたもので固形ですが・・・)

水にもエタノールにもよく溶け、優れた保湿効果があり、外用ローションクリームとして使われます。

リップクリームはとくにイメージがあるんじゃないでしょうか。

クレイ

基剤 クレイ

単純にいえば鉱物(陶土)です。

シリカ(ケイ素)やマグネシウムなどのミネラルが含まれます。

カオリンモンモリオナイトといった種類があります。

吸収作用吸着作用洗浄作用収れん作用があり、パック剤に使われます。