【メディカルハーブ検定対策】本番まであと4日!メディカルハーブの使い方(水やお湯で抽出する場合)

ハーブを使うとなると、やはりハーブティーが定番になるのでしょうか。

今回は、水またはお湯で成分を抽出する方法を確認していきます。

メディカルハーブ検定対策 勉強 学習 使い方 選び方

ハーブティー

ハーブティー及び水出しハーブティーは、お湯を使って抽出するのが温浸剤、水で抽出するのが冷浸剤といって、どちらも体内に吸収されやすいものです。

ビタミンミネラルの摂取に適しています。

口内炎、咽頭炎、胃炎などの消化器の炎症には、炎症部位に直接作用させることができます。

ハーブティーは香りも有効で、アロマセラピーと同様の働きもあります。

ハーブティー

注意する事

ハーブティーを作る場合、以下の点に気を付けましょう。

ハーブは使う分だけつぶす
大量に潰して保管すると、品質劣化を招くことになります。

目安は1日あたり3~4回
ハーブティーは、体内で吸収してから6時間で排出されます。

水出しの場合は雑菌に注意
水出しでハーブティーを楽しむ場合、使う容器は熱湯消毒して使いましょう。

ハーバルバス

浴槽に直接お湯を貯めて、布の袋やティーパックに詰めたハーブ(温浸剤)を混ぜます。

薬草湯や温泉と同じと考えていいでしょう。

お湯に浸かれば、毛穴が開いて血液の循環が良くなって、ハーブの成分が体内へ吸収されやすくなります。

種類によりますが、保湿や美肌といったスキンケア効果にも期待できます。

湯気による蒸気吸入の働きもあり、入浴そのものなので、温熱効果がハーブの成分でさらに高まるでしょう。

全身浴半身浴部分浴があります。

メディカルハーブの使い方 ハーバルバス

注意する事

ハーブの成分をゆっくりと体内に浸透させるのがハーバルバスなので、ゆっくりと時間をかけて入浴するようにしてください。

全身浴、半身浴であれば、ややぬるめの38~40℃のお湯に設定し、部分浴はもう少し高めにしておくといいでしょう。

蒸気吸入

揮発性成分を含んだ蒸気を吸い込む方法になります。

ペパーミントをはじめ、ユーカリやラベンダーが有名ですね。

刺激が少なく、穏やかな作用となるので、高齢者にも子供にも使えるでしょう。

鼻やのどの粘膜に有効成分を直接作用させられ、蒸気の温熱による血流促進保湿効果が得られます。

注意する事

揮発性成分が目の粘膜を刺激する恐れがあり、目は必ず閉じて行うようにしましょう。

また、が出ている時は行わないようにしましょう。

フェイシャルスチーム

揮発性成分を含んだ蒸気を顔にあてる方法です。

ジャーマンカモミールが代表的ですが、ローズもあります。

毛穴が開くので、毛穴の奥の汚れを出しやすくなり、肌に潤いを与えて、引き締め効果のあるハーブも役立ちます。

揮発性の香りは、アロマテラピー効果も期待できますよ。

注意する事

週に2回までを限度としましょう。

必ず目を閉じて行い、スチームの後は化粧水や乳液などで肌をきちんと整えましょう。

芳香浴

アロマテラピー 芳香療法

アロマテラピーと同様、ハーブの香りを部屋に拡散させる方法です。

香り成分を鼻から吸い込むので、に働きかけてリラックス、リフレッシュ効果が得られます。

空気の乾燥も防ぎ、抗菌作用を持つハーブなら、室内を除菌効果も期待できます。

湿布

水溶性の有効成分を布に含ませて体にあてます。

お湯を使う温湿布、水を使う冷湿布・アイパックがあります。

有効成分が皮膚から体内に浸透して、皮膚に直接作用させられます。美容にも適しているでしょう。

温湿布は、血流を良くして、筋肉痛や肩こり、慢性的な症状、炎症に適します。

冷湿布は、急性症状に適します。

急性症状は、捻挫打撲の直後、軽いやけどなど、熱を冷まして炎症を抑えます。

アイパックは、疲れ目や充血のケアに役だちます。

ジャーマンカモミール、ラベンダーが代表的です。

フェイスパックにも活用できます。

保湿には温湿布、日焼けには冷湿布が効果的です。

注意する事

温湿布を行う場合、皮膚に直接当てるので、やけどに注意しましょう。

フェイスパックも直接皮膚に当てるので、発疹や痒みが出たならすぐに中止して洗い流し、肌を休ませましょう。