【ハーブのこと】メディカルハーブのプロフィール(ラズベリーリーフ、リンデン、ローズヒップ)

2018年12月13日

メディカルハーブ、『ラズベリーリーフ』『リンデン』『ローズヒップ』についてです。

その他のメディカルハーブについては下記リンクから確認できます。

『ウスベニアオイ』『エキナセア』『エルダーフラワー』について

『ジャーマンカモミール』『セントジョンズワート』『ダンディライオン』について

『ネトル』『ハイビスカス』『パッションフラワー』について

『ペパーミント』『マテ』『マルベリー』について

メディカルハーブ

ラズベリーリーフ Raspberry Leaf

ラズベリーリーフ Raspberry Leaf

学名:Rubus idaeus
和名:ヨーロッパキイチゴ
科名:バラ科
使用部位:葉部
主要成分:フラボノイド配糖体(フラガリン)、タンニン(没食子酸:もっしょくしさん、エラグ酸)、ビタミンC
作用:鎮静、鎮痙、収れん
適応:月経痛、月経前症候群(PMS)、出産準備、下痢

ユーラシア大陸から北米にかけて生息しているラズベリーリーフは、ほのかにフランボワーズの香る葉のハーブティーが、助産師やハーバリストの間で「安産のお茶として知られています。

子宮や骨盤の周囲の筋肉を調整する働きを持ち、月経痛や月経前の症候群(PMS)の予防や緩和の為に用いられます。

リンデン Linden

リンデン Linden

学名:Tilia europaea
和名:セイヨウボダイジュ
科名:アオイ科(シナノキ科)
使用部位:花部(苞:ほう)、葉部
主要成分:フラボノイド配糖体(ルチン、ヒペロシド、ティリロシド)、アラビノガラクタン(粘液質)、タンニン、カフェ酸、クロロゲン酸、精油(ファルネソール)
作用:発汗、利尿、鎮静
適応:風邪、上気道カタル、高血圧、不眠

リンデンのハーブティーは甘い香りで、心身の緊張を和らげ、就寝前の一杯は質の高い睡眠をもたらします

鎮静作用、利尿作用をもつので、高血圧に用いられたリ、風邪のひきはじめに飲めば発汗を促して治りを早くします

いずれも作用が穏やかなことから、お年寄りから子供まで、安心して用いられます。

ローズヒップ Rose Hip

ローズヒップ Rose Hip

学名:Rosa canina
和名:バラ科
使用部位:偽果(ぎか)
主要成分:ビタミンC、ペクチン、植物酸、カロテノイド(リコペン、β-カロテン)、フラボノイド
作用:ビタミンC補給、緩下
適応:ビタミンC消耗時の補給、インフルエンザなどの予防、便秘

ローズヒップも有名ですね。ハーブティーの中でもよく見聞きします。

天然のビタミンCをレモンの20~40倍も含んでおり、見た目がラグビーボールに似ているので、「ビタミンCの爆弾」といわれています。

感染症や炎症といったビタミンCの消耗時に用いられます。

一緒に含まれているフラボノイドは、ビタミンCの働きを増強し、緩下作用によって便秘を解消し、美容に役立ちます

その他のメディカルハーブについては下記リンクから確認できます。

『ウスベニアオイ』『エキナセア』『エルダーフラワー』について

『ジャーマンカモミール』『セントジョンズワート』『ダンディライオン』について

『ネトル』『ハイビスカス』『パッションフラワー』について

『ペパーミント』『マテ』『マルベリー』について