【ハーブのこと】ハーブの利用方法(パウダー)

ハーブを粉末にして、パウダーとして利用する方法もあるんですね。

全ての植物化学成分を利用できるというメリットがあります。

メディカルハーブ

パウダー

薬のようにそのまま飲むのはもちろん、料理にふりかけて食べたり、パック剤で使うこともあります。

パウダーとクレイ(粘土)を水で練り合わせて、フェイスパックなどに利用するのがパック剤です。

ハーブの成分とクレイの洗浄作用もあります。

作り方は、規定量のハーブを粉末にし、さらに篩いかけ、規定量のクレイと合わせ、精製水で練り合わせ、水で粘度を調整します。

顔面をパックし、パック剤が完全に乾く前にはがして洗顔します。

また、パック剤とは別にゴマージュという、水を含ませたハーブのパウダーで肌の古い角質をこすり取る方法があります。

作り方は、ハーブを粉末にして、さらに篩いにかけたハーブを手に取って、水またはハーブティーを少し含ませて、よく練り合わせます。

そのままひじなどの角質をこすります。