【メディカルハーブ検定対策】Chap.1-3 ウスベニアオイ(アオイ科)のプロフィール

メディカルハーブのプロフィールに関する概要が確認できたら、次は出題範囲のハーブを一つずつ確認していきましょう。

まずは、アオイ科ウスベニアオイです。

ウスベニアオイのプロフィール

ウスベニアオイ mallow

学名Malva sylvestris(マルヴァ・シルウェストリス)
和名ウスベニアオイ
科名アオイ科
使用部位花部
花の色濃い青紫
主要成分粘液質(多糖類)、アントシアニン、タンニン
作用皮膚・粘膜の保護、刺激緩和
適応口腔・咽喉・胃腸・泌尿器の炎症

詳細

マロウブルーとも呼ばれるアオイ科ゼニアオイ属の二年草~多年草で、花弁が5枚の濃い青紫が特徴のハーブです。

マシュマロウと並び、粘液質を豊富に含んでいます。

開花直後、花を採取して乾燥させ、ハーブティーとして利用します。

世界各地で栽培されていて、原産は欧州南部、江戸時代に中国を渡って我が国に渡来しました。

味、香りはほとんどなく、安全性はクラス1で、適切に使えば安全だとされており、禁忌、副作用は知られていません。

ハーブティーにした際の青色はアントシアニンの色素で、レモン汁を垂らせば、一瞬にしてピンク色に変色します。

レモン汁により液性が酸性になるためで、重曹などのアルカリ性のものを加えれば、明るい水色になります。

また、粘液質を多く含むので、欧米においては風邪による咽喉の痛み、咳、胃炎、尿道炎などに用いられます。

それに、皮膚のトラブルには、湿布、パックとして活用され、肌に潤いを与えます。

アントシアニンは、青色色素が目に良いとされていることから、眼精疲労にも用いられます。

古くは古代ローマ時代から薬用、料理用に栽培されていて、医学の祖であるヒポクラテスは、気管支の疾患や風に処方していたようです。

色の変化を楽しめるので、サプライズティーの異名もあります。

※ウスベニアオイではありませんが、青いハーブティーのバタフライピーの記事もどうぞ