【メディカルハーブ検定対策】Chap.1-11 マルベリー(クワ科)のプロフィール

マルベリーのプロフィール

マルベリー Mulberry

学名Morus alba(モルス・アルバ)
和名クワ
科名クワ科
使用部位葉部
花の色白色
主要成分デオキシノジリマイシン(DNJ)
γ-アミノ酪酸、クロロフィル
フィトステロール(シトステロール)
ミネラル(鉄、カルシウム、亜鉛)
作用α-グルコシダーゼ阻害による血糖調整
適応高血圧や肥満などの生活習慣病予防

詳細

年に3~4回、多い時だと年に6回も果実の収穫ができるほど生命力にあふれています。

完熟した黒紫色の実は、古くから世界各国で生食されていて、果実酒やジャムなどに利用されています。

マルベリーの葉にはデオキシノジリマイシン(DNJ)が含まれていて、二糖類の分解酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害して、食後の血糖値の上昇を抑制します。そのため、高血圧や肥満などの生活習慣病予防に役立ちます。

また、腸内環境を正常化し、便秘を改善する働きもあって、食前に飲めばダイエットにも効果的です。

中国の本草書では、不老長寿の妙薬とされ、5千年以上も昔から栽培されているというので驚きです。

クロロフィル、鉄分、カルシウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。

美白効果もあるので、化粧水やパックにも利用されます。

マルベリーは、桑茶として我が国では親しまれています。

わずかに干し草の香りをしていて、あっさりと、緑茶、抹茶のように飲みやすい風味になっています。

後漢時代に書かれた神農本草経という書物に、桑の葉が取り上げられています。日本薬局方には、桑白皮(そうはくひ)として収載されています。

桑は、蚕の唯一の食べ物で、葉に含まれているゴム質の乳白色の汁は、絹糸の強さを増すためには欠かせないものです。

朝鮮を経由して5世紀ごろに蚕と共に我が国に伝えられ、絹の生産を支えてきました。

本格的な栽培は、江戸末期とされているようです。

安全性はクラス1で、適切な使用であれば、安全に摂取できます。