【メディカルハーブ検定対策】Chap.4-2 メディカルハーブによるケア(精神的トラブルには)

メディカルハーブのケアは、精神面のストレスにも役立ちます。

その他のメディカルハーブのケア
消化器系のトラブル

メディカルハーブの症状別ケアについて

精神的トラブル

脳の視床下部下垂体は、日常生活で受けるさまざまな感情に繊細に反応しています。

その影響により、自律神経内分泌の調節が乱れてしまうと、症状が現れるようになります。

不眠、抑うつ

不眠や抑うつになる原因は人それぞれではあるものの、まずは鎮静作用があるハーブで神経をクールダウンさせましょう。

なお、不眠については、寝つきが悪い入眠障害夜中に目が覚めてしまう中途覚醒眠りが浅い熟眠障害早く目が覚める早期覚醒(これは抑うつ傾向があるといわれています)といったタイプがあります。

不安や抑うつにオススメのハーブは?

まず代表的なのが、セントジョーンズワートです。

うつ傾向が強い早期覚醒タイプにいいでしょう。

ジャーマンカモミールペパーミントは、不眠といえば名前が挙がる定番のハーブになります。

鎮静作用緩和作用で心身をリラックスさせて睡眠を誘います。

どちらもハーブティーとして飲用しますが、ブレンドするのもオススメです。

最後に、リンデンもおすすめです。

就寝前に、芳香浴で部屋に湯気と香りを拡散させ、リラックス出来て心地よく眠られるでしょう。

不安、緊張

不安や緊張が長く続くと、心身に動悸胃の痛みなどの症状が出て来ることがあります。

スポーツにおける試合前、試験などの本番前など、私も緊張するとよく胃が痛くなってしまいます。

この場合、平穏な気持ちを取り戻させたり、気分を高揚させてくれるハーブが役立ってきます。

不安、緊張にオススメのハーブは?

鎮静作用緩和作用のあるジャーマンカモミールのハーブティーはやはりオススメになります。

手浴も効果的で、鼻から湯気を吸いこんで、鎮静効果を全身に行きわたらせましょう。

そして、パッションフラワーもオススメになります。

植物性の精神安定剤(トランキライザー)と呼ばれるほどで、ジャーマンカモミールと一緒に飲用すれば、更に効果を高められます。