【メディカルハーブ検定対策】Chap.4-7 メディカルハーブによるケア(日常的なトラブルには Part 2)

Part 1からの続きです。

日常的なトラブルについて確認していきます。

メディカルハーブの症状別ケアについて

日常にある不調

慢性疲労

慢性疲労には、強壮作用のあるハーブをライフスタイルに取り入れていきましょう。

活力の源となる肝臓をケアし、心身のバイタリティーを回復させるのも大切です。

慢性疲労にオススメのハーブは?

強肝・利胆作用があるダンディライオンは、滋養強壮に効果的です。

をローストしたハーブティーがおすすめで、牛乳とも相性が良く、ミルクティーしても美味しく飲めます。

そして、南米で強壮作用があるハーブとしてマテが有名です。

アルカロイドによるカフェイン効果で、心身を元気づける効果があります。

南米において、マテ茶にミルクを使ったものをコシードと言われ、マテ茶を冷やしたものがテレレと呼ばれています。

二日酔い

飲みすぎてしまうことがあると思います。

しっかり自制するのが大切ですが、体内のアルコールが代謝されずに残っていることが原因で、吐き気や頭痛、だるさなどがあります。

ですので、アルコールの排出を助けるメディカルハーブを役立てましょう。

二日酔いにオススメのハーブは?

吐き気などの症状には、さわやかな香りが効果を発揮するペパーミントが有効です。

ハーブティー、全身浴でリフレッシュしましょう。

肝臓の機能を高めて、アルコールの排出を促すダンディライオンもおすすめです。

解毒作用があるので、水分補給も兼ねてハーブティーとして多めに飲用しましょう。

レモンの20~40倍も含まれる天然のビタミンCがあるローズヒップもおすすめです。

肝臓の機能を高めてアルコールの分解解毒促進します。

ハーブティーとして、飲む直前に乳鉢などで細かくつぶして、約5分程度抽出して飲用しましょう。

外傷

小さい傷やひびわれ、軽度の火傷には、鎮痛作用のあるハーブを用いましょう。

大きな外傷なら、きちんと病院へ行って適切な手当てをしてもらいましょう。

外傷にオススメのハーブは?

軟膏としてセントジョーンズワートが適しています。

鎮痛作用が痛みを和らげてくれます。

浸出油にすれば、やけどに利用できます。

北米の先住民が古くから使用していたエキナセアは、感染症の予防、創傷治癒作用が期待できるハーブです。

そして、ビタミンCの補給でコラーゲンを生成を促すローズヒップも傷の治癒に用いられます。

エキナセアとのブレンドティーもよいでしょう。

スポーツ

運動によって消費されるエネルギーの素となる糖質を補うのは、スポーツでは常識です。

糖質のエネルギー代謝を助けるハーブを活用しましょう。

スポーツ前にオススメのハーブは?

ハイビスカスローズヒップのブレンドティーがおすすめです。

ハイビスカスは、糖質のエネルギー代謝を活発にする手助けになり、ローズヒップを加えてブレンドティーにして、運動前に摂取すればビタミンCの補給ができます。

口臭予防

食事、手入れの不足や炎症など、口臭の原因は様々です。

濃いめのハーブティーで対応してみましょう。

市販の口腔洗浄剤と違って、刺激も強くなく、ハーブなら飲み込んでも安心です。

口臭予防にオススメのハーブは?

ラズベリーリーフマウスウォッシュによく使用されていて、収れん作用が口内炎、歯肉炎などの口臭の元になる症状を和らげるのを助けて、フランボワーズのほのかな香りがあります。

清涼感のあるペパーミントを足してもいいでしょう。