音楽

紅茶

多くの紅茶の種類を一通り楽しんだら、今度はブレンドティー、フレーバーティーを楽しむのはどうでしょう。 同じ種類の茶葉でも、メーカーや収穫時期で味わいが異なる面白さがあると思います。 ブレンドしてみる いわゆるオリジナルブレンドは、リプトンや ...

音楽

紅茶

紅茶は食べ物との相性が非常に良いと言われています。 そもそも紅茶の歴史から見れば、アフタヌーンティーは軽食で朝食と夕食の間をつなぐためと言われており、ケーキなどのスイーツ類と一緒に紅茶を楽しむイメージがありますが、ケーキは油分のあるバターを ...

音楽

紅茶

ミルクティーの論争も、結局のところ世論の大半がミルクが後ということでしたが、科学的な検証や実験などまだまだ不確定なことばかりという感じもあります。 ただその前に、純粋に美味しい紅茶を飲むために、普段できることをまずはおさえておきます。 水は ...

音楽

紅茶

17世紀から認識されていた紅茶は、21世紀になった現在は成熟された人々の嗜好品であるという認識のイメージが強いのですが、そんな紅茶にも長らく論争となっていることがあります。 ミルクティーを作る際、ミルクが先か、紅茶が先か、です。 通常の紅茶 ...

音楽

紅茶

大まかな紅茶のブランドの創成期を確認してみます。 遡ると、18世紀初頭にあの有名ブランドがすでにその地位を確立していることがわかるでしょう。 18世紀 1717年、トワイニングが紅茶の取り扱いを始めます。 当初はコーヒーハウスとして1706 ...

音楽

紅茶

紅茶は味や香りを単に楽しむのはもちろんですが、そもそも17世紀に英国で紅茶が売られ始めたときは、薬としての効能が宣伝となっていました。 1657年に、トーマス・ギャラウェイのコーヒーハウスで紅茶が登場し、売るための宣伝文句として、そこから3 ...

音楽

紅茶

食べ物の保存は、長い歴史をかけて比例するように長くなっており、現在も進行中の技術ですが、紅茶の保存もそれなりに進化しているのでしょうか。 残念ながら今のところ紅茶の保存に革命的な道具や方法の提唱はされていませんが、美味しい紅茶をできるだけ美 ...

音楽

紅茶

緑茶も紅茶も茶ノ木は同じですが、茶摘みにおける茶の部位によって、品質が変わってきます。 茶の部位と名称 紅茶用の茶葉は、先端の巻いている新芽(フラワリー・オレンジ・ペコー)と1番目の小さい葉(オレンジ・ペコー)、2番目の葉(ペコー)の葉まで ...

音楽

紅茶

既知のことではありますが、紅茶の樹も緑茶の樹も茶ノ木は同じです。 茶葉の分類としては、主にインド種と中国種に分かれますが、もう少し詳しく確認してみます。 インド種 インド種はアッサム種ともいいます。 縦が12~15せセンチ、横が4~5センチ ...

音楽

紅茶

紅茶を嗜む際、ほとんどが茶葉なりティーバッグなりに製品化された紅茶を使い味わっていると思いますが、その製品になる過程でどういった作り方をしているのでしょうか。 普段あまりそのプロセスを気にすることはないにしても、茶葉の大きさや形など、多少の ...