【おすすめの紅茶】The Tea Companyの「紅焙 BENI-HOUJI」

ワールドティーフェスティバル2019で注目していた紅茶を購入しました。

The Tea Companyというメーカーなんですが、ボトルに入った紅茶(お茶)というスタイルに惹かれ、試してみたいと思っていました。

The Tea Company

2016年8月に設立された新しい国産メーカーです。

ティーペアリング、放棄茶園の再生、そして発酵茶づくりといったたいへんユニークであり、挑戦的な取り組みを行っているようです。

大陸から日本へと伝わったお茶は、気の遠くなるような時間を経て今に至り、様々な種類が作られていますが、次世代のお茶を日本まらでは風土から生み出そうとしているとのことです。

また、独自の製法により、高品質な茶葉がもつ本来の香りと味わいを最大限に引き出した、ボトリングティーを研究開発しているということで、今後も大いに期待したいですね。

紅焙 BENI-HOUJI

ショコラの甘い香りと焙煎香がたおやかに広がり、口に含めば、完熟ドライフルーツ、蜂蜜の甘みが複雑に広がります。
それはまるで甘露を思わせるエレガントな味わい。

種 類:焙煎紅茶
生産地:宮崎県五ヶ瀬
タイプ:フルボディー
(商品紹介文引用)

The Tea Company(ティー・カンパニー) 紅焙 BENI-HOUJI

レビュー

ワールドティーフェスティバルではできるだけ多くの試飲をさせていただき、どれもユニークな香味を味わえたと思います。

その中で、基本として紅茶を優先させたかったので、この紅焙 BENI-HOUJIと燻製紅茶 IBUSHIで迷いましたが、燻製紅茶 IBUSHIは名前の通り燻製の香りがハッキリと鼻を抜けて分かりやすく主張されたものでしたが、紅焙 BENI-HOUJIの穏やかな香味が気に入ったので、こちらを選びました。

The Tea Company(ティー・カンパニー) 紅焙 BENI-HOUJI

商品説明の通りの香りがなかなかわかりづらかったので、じっくりと確認していきたいのですが、のど越しが滑らかな飲みやすい和の紅茶です。

ティーペアリングは以下のようになっていますが、ほとんどの料理やスイーツに合うのではないでしょうか。

まぁ好みの問題もありますが、少なくともおすすめのティーペアリングで試してみるとより味わい深さもわかるかもしれません。

ティーペアリング:
濃厚なソースを使ったメイン料理や、デザートに合わせていただくと、甘美な香りと味わいの余韻が広がります。
北京ダッグ・酢豚・ドライフルーツと洋酒のケーキ
(説明引用)

ボトルっていうのがかっこいいスタイルです。

ギフトとして贈りたいですね。