【紅茶のこと】美味しい紅茶の淹れ方とバリエーションティー

このブログで何度か記事にしていますが、美味しい紅茶の淹れ方や、いろいろと楽しめるバリエーションティーについて確認しておこうと思います。

美味しい紅茶の淹れ方とバリエーションティー

美味しい紅茶の淹れ方

ホットティー(ストレートティー)の基本的な美味しい淹れ方

まずは基本的に品質の良い茶葉を使いましょう。

ポットを使用しますが、陶磁器製、銀製、ガラス製、ステンレス製、ホーロー製といった材質が良いでしょう。

鉄製については、紅茶のタンニンと鉄分が化合してしまい、味や香りが引き出せません。水色も黒っぽくなってしまうのでここは注意が必要です。

熱対流が起こりやすい、形としては胴体が丸いもので、使う前に湯通しして温めておき、蓋のついたポットで茶葉を十分に蒸らします。

そして、茶葉の分量はティースプーンで正確に計ります

目安としては、7~12mmのリーフタイプであれば、約3gとなるティースプーン大山1杯1~3mmのブロークンタイプなら、約2.5~3gとなるティースプーン中山1杯です。

ティースプーン:TSという表記にもなります。

日本の水質は軟水で、水色や香味は出やすいとされています。

出来れば浄水器を通した新鮮な水(水道水)をやかんで完全に沸騰させます。

5円玉硬貨程度の泡がボコボコと出ている状態のお湯を用いますが、カルキ等の水質が気になるときは、2~3分ほど余分に沸かしましょう。

熱湯を手早く注ぎますが、ポットをやかんに近づけて注ぎましょう。
(意外にも熱はすぐに冷めてしまいます。)

熱湯を注いだら、すぐにポットの蓋をして、茶葉をじっくりと蒸らします

リーフタイプの茶葉なら3分以上、ブロークンタイプなら2.5~3分が目安になるでしょう。

時間がきたら、ポットの茶葉を軽く1かき程度ステアし、茶こしを使って別のポットやカップに注ぎます。

カップ1杯は約150mlです。

なお、別のポット、或いはカップについても、事前に湯通ししておくのが良いです。

ポットに注いだ場合、ティーコジーやマットで保温しておくことが推奨されます。

茶葉の蒸らし時間や組合せのティーフードによって、上述の方法を前後で調整することもあると思いますが、基本的なこととしておさえておきましょう。

簡単に言えば、

蓋つきのポットで茶葉を十分に蒸らす事前にポットは湯通し

茶葉の分量をティースプーンで正確に計量

新鮮な水を完全沸騰させる(注ぐ際はポットをやかんに近づける

じっくり蒸らす

となります。

ゴールデンルールと呼ばれる淹れ方になります。

その他の美味しい淹れ方

ホットティーの基本をおさえつつ、他の飲み方についてもコツをおさえておきます。

ミルクティーを美味しく飲むには、蒸らす時間は少し長めにして、常温の牛乳をそそぎましょう。

牛乳は温めると、独特の加熱臭がしてしまい、紅茶の香りを損ねてしまいます。

レモンティーを美味しく飲むには、蒸らし時間はやや短めにして、飲む直前に薄く切ったレモンを入れて、軽くスプーンでかき混ぜたらすぐに取り出しましょう。

浸け過ぎてしまうと、レモンの皮の苦みがでていまいます。

レモンの成分のクエン酸の作用により、水色が薄くなる様子も見ることができます。

ティーバッグの美味しい淹れ方と飲み方は、基本的にゴールデンルールに添ってとなりますが、1袋は1杯分です。

抽出したあとは、軽く振って取り出しますが、搾らないように静かに取り出しましょう。

アイスティーは、オン・ザ・ロックス方式でいれるとよいでしょう。

抽出する紅茶は、通常の2倍の濃さにします。

甘みを加える際は、ホットティーで使用する量の1.5~2倍のグラニュー糖を加えて完全に溶かしましょう。

砕いた氷をグラスにたっぷりと入れて、水気をよく切ってから、2倍の濃さの紅茶液を氷の上から手早く注ぎます。

急速に紅茶を冷やすことで、味と香りが逃げないようにできます。

なお、紅茶を冷却して温度が下がっていく時間の経過とともに、白く濁ってしまいます。

これはクリームダウンといって、主成分であるタンニンとカフェインが結合することによって起こる現象です。

クリームダウンを出来るだけ防ぐには、タンニンの少ないニルギリやジャワといった茶葉を使ったり、蒸らし時間を短めにしたり、多めの砂糖を加えたりすることです。

また、クリームダウンしてしまったのであれば、ミルクアイスティーにしてしまうのも一つです。

バリエーションティーについて

ストレートティー、ミルクティー、レモンティー、アイスティーといったものとは別にバリエーションに富んだ紅茶も楽しみましょう。

ホットティーのバリエーション

ニルギリ、ディンブラの茶葉、オレンジスライスを使ったシャリマ・ティー、セイロンブレンドなどの茶葉とアップルジュースとリンゴスライスを使ったオーチャード・ティー、ニルギリ、ジャワの茶葉、ジャム、ウォッカを使ったロシアンティー、セイロンブレンド等の茶葉とブドウやリンゴ、オレンジを用いたポットフルーツティー、アッサム、ウバ、セイロンブレンドなどの茶葉に牛乳を片手鍋で作るロイヤルミルクティー、アッサム、ケニア、ディンブラといった茶葉と、牛乳、バナナスライスを用いたバナナロイヤルミルクティー、ディンブラやケニアの茶葉、牛乳、おろしショウガを使ったジンジャーミルクティーがあります。

アイスティーのバリエーション

ニルギリの茶葉、グレープフルーツの搾り汁でできるフルーツセパレートティー、ニルギリの茶葉、牛乳、生クリーム、飾りとしてミントの葉を使ったアイスティーロイヤル、ニルギリの茶葉、ベリー系のジャム、炭酸水、レモンスライスやミントの葉を飾り用に用いたベリーティースカッシュなどがあります。