【おすすめの洋楽】Anywhere Else But Here(2020)EP / AMERICAN HI-FI

コロナ禍において、ライブやフェスが軒並み中止・延期となるなか、各アーティストはそれぞれの活動を行っていますが、中でも他アーティストのカバーを披露している情報もよく見聞きします。

American Hi-Fi(アメリカン・ハイファイ)もそのアーティストの一つです。

ジャケット

AMERICAN HI-FI Anywhere Else But Here EP

レビュー

久しく聴いていなかったアメリカン・ハイファイのカバーEPです。

全部で5曲の楽曲になっていて、まずは「Steppin’ Out」についてですが、これはジョー・ジャクソンという英国のミュージシャンが1982年(だったかな?)にリリースされたアルバムに収録されているトラックですね。(邦題 “夜の街へ”)

ジョー・ジャクソンの有名な楽曲の一つです。

「Our House」は、マッドネスという英国のバンドのカバーで、この曲がヒットしたことにより、米国進出にも成功しています。

「Our House」
 

「Oliver’s Army」はエルヴィス・コステロのカバーですね。

今回収録されている中ではダントツに聴いていた曲です。

「Another Nail In My Heart」はスクイーズというアーティスト、「I Don’t Like Mondays(哀愁のマンデイ)」ザ・ブームタウン・ラッツというアーティストの楽曲です。

スクイーズは名前は聞いたことがあるものの、楽曲はよく知りませんが、ザ・ブームタウン・ラッツはボブ・ゲルドフを中心としたバンドですね。

アフリカの飢餓救済のためのチャリティー企画バンド・エイドを成功させたことでも有名です。

アメリカン・ハイファイがどういった基準でこれらの楽曲を選んだのかはわかりませんが、面白いテイストを味わえますね。

トラックリスト

01. Steppin’ Out
02. Our House
03. Oliver’s Army
04. Another Nail In My Heart
05. I Don’t Like Mondays