【CD】The Best Of … So Far(2017) / THE KOOKS

2017年8月9日

英国のロックバンド、The Kooks(ザ・クークス)の初のベストアルバムです。

デビュー時は、アークティック・モンキーズなどの他バンドの方が大きく取り上げられ、華やかさや注目度はさほどでもなかったようですが、1stアルバムは、なんだかんだで英国内でトータル150万枚を売り上げるという実力を持ったバンドです。

ジャケット、アイテム

The Best Of … So Far THE KOOKS CD

今回はユニバーサルミュージックのオンラインストアで購入しました。

先着でサイン入りジャケットが付くということで、写真に載っているのがそれにあたります。

これは直筆ではないと思いますが、これとは別に何年か前に、タワレコの抽選で直筆サイン入りポスターが当たったことがあったなぁとふと思い出しました。

レビュー

さて、内容ですが、改めて聴くと冒頭から#「Naive」はなんだかもったいないと思いつつも、いきなり1stで印象的だったトラックがきて、#「Always Where I Need To Be」、#「Junk Of The Heart (Happy)」という流れは良いと思います。

1stアルバムのトラックが多いです。

#「Naive」、#「She Moves In Her Own Way」、#「Seaside」、#「Sofa Song」、#「Ooh La」、#「Eddie’s Gun」、#「Matchbox」が1stに収録されていたトラックですね。

それだけ印象的というか、実力のあるデビューだったということだと思います。

また、今回2曲の新曲が収録されています。

#「Be Who You Are」、#「Broken Vow」、雰囲気が異なるトラックですが、ロックのピュアな面を持っているからこそどちらも良いと思います。

しかし、これから初めてクークスを聴こうとしている人にこのベスト盤がオススメかと言われると、ちょっと躊躇しますね。というのも、個人的に入っていてほしかったトラックもいくつかあったり・・・なので、このベストから聴きつつも、過去のアルバムを巡っていくのもいいかもしれませんね。

このベストアルバムのタイトルにある”So Far”というのは、「今のところ」という意味らしいです。故に今後に注目し、期待してよいということでしょう。普通のロックバンドでいることが難しい昨今、クークスは実は貴重な存在かもしれませんね。

日本でMV撮影された#「See Me Now」が入っていてほしかったなぁと思いつつ、新作と来日を望みます。

トラックリスト

01. Naive
02. Always Where I Need To Be
03. Junk Of The Heart (Happy)
04. Bad Habit
05. She Moves In Her Own Way
06. Shine On
07. Seaside
08. Down
09. Sofa Song
10. Is It Me
11. You Don’t Love Me
12. Forgive & Forget
13. Ooh La
14. Sway
15. Eddie’s Gun
16. Matchbox
17. Be Who You Are
18. Broken Vow
19. Do You Wanna (demo) (bonus)
20. Sway (demo) (bonus)