【レコード】Kind of Blue(1959)/ MILES DAVIS

ジャズを聴くといっても、全くもって情報を知らないので、ド定番中のド定番ですが、Miles Davis(マイルス・デイヴィス)の名盤『Kind of Blue』のレコードから入ることにします。

洋楽のロックについて、あらゆるメディアの情報を仕入れる中で、業界における数ある影響力の中で、マイルス・デイヴィスの名前はちらほらと出てきます。

実は何年か前に、既にCDで購入していたのですが、その時は正直何が良くて、どんなところがロックに影響を与えているのか、まったくわからないどころか、何も気にせず買いました。

まぁ今でもよくわかっていないのですが(笑)、ロックの影響云々は置いておき、音楽そのものに触れる感情の部分は、以前よりも確実に揺さぶられていると言えます。

ジャケット、アイテム

MILES DAVIS Kind of Blue LP

レコード盤のジャケット(表)

MILES DAVIS Kind of Blue LP

レコード盤のジャケット(裏)

MILES DAVIS Kind of Blue LP

waxtime in colorというカラーヴァイナル仕様のシリーズで、鮮やかな青色です。
(アルバムタイトルにちなんで青?なんでしょうか)

ちなみに、ジャケットは本来マイルスが一人で写っているものだと思っていましたが、異なるバージョンということでしょうか?そこらへんはよくわかりません。

レビュー

ハイレゾも真空管の音も聴き分けられないですが、純粋に良いと感じたものはやはり良いですね。

私にとって、ジャズはじわじわと身体の中に浸透していくような感覚が、良し悪しの基準となっています。

といっても、何がどう良いのか、ジャズというジャンルにとりあえず足を踏み入れてみましたが、やはり説明は出来ません(笑)

この『Kind Of Blue』が、どんな経緯で、どういったストーリーを紡ぎながら作られたかなど、まったく知りません。(まぁ調べればそれなりに情報は得られますが)

マイルス・デイヴィス自身のエピソードなども知りたいですが、とりあえずゆったりと、紅茶でも飲みながら聴いていたいレコードです。

トラックリスト

[Side 1]
01. So What
02. Freddie Freeloader
03. Blue In Green

[Side 2]
04. All Blues
05. Flamenco Sketches

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で