【おすすめの洋楽】Quatermass Seven(2020)/ LITTLE BARRIE

私が大好きなアーティストの一つである、Little Barrie(リトル・バーリー)が久々の新作をリリースしました。

ジャケット

LITTLE BARRIE Quatermass Seven

レビュー

大好きと言いつつ新作の情報を得るのが遅れたんですが、現行最高のドラマーと言われている、マルコム・カットを迎えてのセッション・レコーディングだそうで、マルコム・カットという人を私は知らないのでなんとも言えないのが正直なところです。

2017年にドラマーのヴァージル・ハウが急逝したときは大変驚き、バンドとしてこれからどうなっていくのか心配していました。

しかし、こうやって復活し、新しい音源を聴けるというのは大変喜ばしく思います。

ローファイ、そしてサイケデリック色が強まった静かに、しかしそのしっかりとした重みが着実に体中を侵食していくようなメロディとヘヴィネスが感じられます。

正直に言えば、やはりあのデビューアルバムの雰囲気がどうしても忘れられないので、今作のようなサイケデリックで重みのあるインストもかっこいいと思いつつ、求めているものはまた別のものかもしれません。

ただ、個人的にはこういった感情を覚えた場合、実際のライブを見てみると様変わりする可能性もあります。

従来のように、来日できることがスムーズになればと思う、今日この頃です。

トラックリスト

01. Rest In Blue
02. You’re Only You
03. Repeater #2
04. T.R.A.B.S.
05. Steel Drum
06. After After
07. Repeater #1