【おすすめの洋楽】All The Hits(2020)/ THE DAVE CLARK FIVE

2020年4月号のロッキング・オンの中で、The Dave Clark Five(ザ・デイヴ・クラーク・ファイヴ)について触れられていたので、改めて聴いてみました。

ジャケット

THE DAVE CLARK FIVE All The Hits

レビュー

雑誌の内容についてはさほど印象は無いのですが、ブリティッシュ・インヴェイジョンというワードにひっかかるバンドであることは間違いないでしょう。

個人的に好きな60年代のバンドであるにもかかわらず、あまり気にしていなかったこともあり、改めて聴くとなかなか良いことを再認識できました。

「Do You Love Me」
 

ガレージロックな感じもいいですし、やはり60年代独特の雰囲気が伝わってきますね。

「Glad All Over」
 

この時代に既に生まれていたわけではありませんが、ある種の憧れのような眼差しも向けてみたいと思えるほどです。

5人そろってのパフォーマンスはなんだか可愛く見えてしまいますが、音だけ聴くとサックスもあるせいか米国のバンドのザ・ソニックスを思い浮かべます。

「Because」
 

ウィキペディアによれば、ビートルズよりも先に来日の話もあったそうですね。

実現していたらビートルズへの評価も何か違った形になっていた可能性も否定できませんね。

しかしながら、このベスト盤(編集盤?)を通して聴けば、様々な方面で書かれている通り、やかましい感じ(褒めてますw)が最高でかっこいいです。

こういうロックンロールがいいんです。

トラックリスト

01. Do You Love Me
02. Glad All Over
03. Bits And Pieces
04. Can’t You See That She’s Mine
05. Everybody Knows(I Still Love You)
06. Don’t Let Me Down
07. Any Way You Want It
08. Wild Weekend
09. Catch Us If You Can
10. Because
11. I Like It Like That
12. Reelin’ and Rockin’
13. Over And Over
14. Come Home
15. You Got What It Takes
16. Try Too Hard
17. Everybody Knows
18. I’ll Be Yours My Love
19. Nineteen Days
20. Look Before You Leap
21. ‘Til the Right One Comes Along
22. All Night Long
23. Good Old Rock ‘N’ Roll
24. Sha-Na-Na Hey Hey Kiss Him Goodbye
25. Here Comes Summer
26. Put A Little Love In Your Heart
27. Everybody Get Together
28. Universal Love