【おすすめの洋楽】Hot Motion(2019)/ TEMPLES

Temples(テンプルズ)の3rdアルバム『Hot Motion』は、前作からおよそ2年半ぶりのリリースになります。

デビューアルバムはしっかり聴いたのですが、2ndはスルーしていました。。。

ひとまず聴いてみての感想です。

ジャケット

TEMPLES Hot Motion

レビュー

デビュー時、これほどサイケデリックなバンドは現代では珍しいと思い、よく聴いていました。

なぜか2ndはスルーしてしまったために、1stの印象のまま聴かざるをえないのですが、ひとまずテンプルズらしいサイケデリア感は今作も健在で安心です。

冒頭、アルバムタイトルと同名の「Hot Motion」からうかがえます。

「Hot Motion」

 

というか、メンバーの見た目もサイケデリックでもありつつ、プログレ?風な感じももたいいと感じるのは気のせいでしょうか。

続く「You’re Either On Something」の浮遊感も好きですね。

「You’re Either On Something」

 

なお、今作はレーベル移籍をと、ドラマーが昨年(2018年)脱退してから初となるアルバムで、テンプルズ自身の環境も今までとは異なっていることから、新たなアプローチをかけて来ることができるのでは?と、今後の来日含め、勝手な期待を抱いています。

「Context」

 

年代を遡ってまいそうになるような音楽性でありつつも、現代で鳴らすからこその魅力的な雰囲気も醸し出している(ルックス含め)ところがかっこいいと思います。

8曲目「Atomise」は曲構成がユニークで面白いと思いますし、続く「It’s All Coming Out」「Step Down」「Monuments」もいい流れで組み込まれています。

中毒になるほどのサイケデリックではないというところが、もはや中毒ともいえるテンプルズのユニークなところかもしれませんね。

トラックリスト

01. Hot Motion
02. You’re Either On Something
03. Holy Horses
04. The Howl
05. Context
06. The Beam
07. Not Quite The Same
08. Atomise
09. It’s All Coming Out
10. Step Down
11. Monuments