【おすすめの洋楽CD】The Essentials(2018)/ JACK JOHNSON

2018年7月14日

夏という季節にイメージする音楽は様々です。

そして流れる音楽に合わせて、夏だからこその風景もイメージできることが多いのではないかと思います。

夏といえば海、海といえばハワイ、ハワイといえば・・・ジャック・ジョンソンでしょうか。

ジャケット

JACK JOHNSON The Essentials CD

レビュー

ジャック・ジョンソン初のベスト・アルバムということですが、実はこれは日本独自企画だそうです。

まぁ私にとっては、非常に助かる企画です。

今までのアルバムを一つ一つ揃える、または確認するのもいいですが、やはりしんどいですね(笑)

デビュー時からそれほど注目していなかったこともあり、なかなかじっくりと聴く機会はなかったアーティストですが、知っている曲はいいなと思いながら聴いていました。

特に、# Sitting, Waiting, Wishing は印象的です。

ハワイ出身のジャック・ジョンソンですが、この # Sitting, Waiting, Wishing は、ハワイアンな癒しのイメージではなく、感傷的なエモーショナルが強いトラックだと思いました。

全体的には優しい感じですね。

彼を取り巻く環境は、やはり音楽にも反映されるもんなんですね。

冒頭 # Banana Pancakes から、肩の力を抜いて気軽に聴き入ることができます。

基本的にはアコースティック・ギターを中心にした楽曲で、メロディもコーラスもストレスなくほどよい雰囲気に満ち溢れているように思います。

# Good People は、気を貼らずに軽くノリの良いトラックです。こういったのも良いですね。

BGMとしてでもいいのでサウンドと歌声と、なんだかんだでハワイアンな感じの風にあたりながら聴きたいですね。

ジャック・ジョンソン、2018年のフジロック3日目の最終日メインステージに出演します。

行く人は非常に羨ましいですね~。

楽しんできてください!

トラックリスト

01. Banana Pancakes
02. The Horizon Has Been Defeated
03. Better Together
04. Flake
05. Good People
06. Sitting, Waiting, Wishing
07. Gone
08. Bubble Toes
09. Upside Down
10. If I Had Eyes
11. I Got You
12. Hope
13. You And Your Heart
14. Rodeo Clowns
15. My Mind Is For Sale
16. Wasting Time
17. Home
18. Big Sur(Mike D Remix)