【おすすめの洋楽】THE WHO 新規制作リリックビデオ各種

ここ最近、既にリリースした楽曲のミュージックビデオのリマスターや、リリックビデオが新規で作成されるといった動きが多いように思います。

コロナでライブやフェスといったリアル体験が未だ実施されないことから、こういった動きが活発なのかなと勝手に思ったりしていますが、これはこれでまた楽曲の良さを実感できる機会かもしれませんね。

私の最もお気に入りのアーティストであるThe Who(ザ・フー)も、1971年にリリースされた『Who’s Next』から、代表曲の各種リリックビデオを公開しています。

Baba O’Riley

 

Won’t Get Fooled Again 無法の世界

 

Behind Blue Eyes

 

収録アルバム『Who’s Next』

THE WHO Who's Next 新規制作リリックビデオ

バンドにとって初となるチャート1位のアルバムで、ザ・フーの中で最高傑作として挙げる人もいるかもしれません。

それ故に各方面からの評価は高く、前年にリリースしていたライブアルバム『ライブ・アット・リーズ』も高く評価されていたことからの流れもあったとされています。

個人的にはやはりデビュー作『My Generation』がザ・フーの中で一番のお気に入りで、2019年リリースの『WHO』と合わせてこの2枚くらいしか聴いていないといっても過言ではありませんが(笑)、セカンド以降の作品についてもしっかり聴いて、記事にしていきます。

[Disc 1]
01. Baba O’Riley
02. Bargain
03. Love Ain’t For Keeping
04. My Wife
05. The Song Is Over
06. Getting In Tune
07. Going Mobile
08. Behind Blue Eyes
09. Won’t Get Fooled Again – Original Album Version
10. Baby Don’t You Do It – New York Record Plant Session 2003 Remix
11. Getting In Tune – New York Record Plant Session 2003 Remix
12. Pure And Easy – New York Record Plant Session 2003 Remix
13. Love Ain’t For Keeping – New York Record Plant Session 2003 Remix
14. Behind Blue Eyes – New York Record Plant Session 2003 Remix
15. Won’t Get Fooled Again – New York Record Plant Session 2003 Remix

[Disc 2]
01. Love Ain’t For Keeping – Live
02. Pure And Easy – Live
03. Young Man Blues – Live
04. Time Is Passing – Live
05. Behind Blue Eyes – Live
06. I Don’t Even Know Myself – Live
07. Too Much Of Anything – Live
08. Getting In Tune – Live
09. Bargain – Live
10. Water – Live
11. My Generation – Live
12. (I’m A) Road Runner – Live
13. Naked Eye – Live
14. Won’t Get Fooled Again – Young Vic Live Mix

※Spotifyのトラックリストを参照しています