【おすすめの洋楽】Nevermind(1991)/ NIRVANA

Nirvana(ニルヴァーナ)というバンド、そしてヴォーカルのカート・コバーン(コベイン)はもはや伝説ですね。

ニルヴァーナの登場でバンドを始めたという人がかなり多いと聞いたことがあります。

普通に考えてすごすぎることですよね。

ジャケット

Nirvana Nevermind

レビュー

91~92年、当時私は小学生だった為、ニルヴァーナの衝撃は体感していません。

当時の雰囲気、衝撃をもろに受けた人曰く、「バンドを始めた」という意見が多いですね。

グランジというジャンルもこの時期に確立したと聞いたことがあります。

アルバムとしては、米ビルボード初登場時は147位だったようですが、ニルヴァーナを世界的に知らしめることになるシングル「Smells Like Teen Spirit」で、リリース翌年の1月に、それまで1位の座に居たマイケルジャクソンを蹴落とし、これを機に一気にグランジ/オルタナティブ・ロックのムーヴメントは世界へ拡散されました。

インターネットが今ほど普及していなかったにも関わらず、未だにこの爆発力を超える例は無いのではないでしょうか。

故に、雑誌をはじめ、多くのロックに関するメディアで、ビートルズをはじめとする大御所バンドたち同様、唯一90年代のバンドで今でも名が挙がるほどです。

しかし、ヴォーカル/リードギターでフロントマンのカート・コバーン(コベイン)は、この功績とも言える結果に葛藤があったようですね。

一見すると世界を席巻し、スターダムにのし上がるも、あまり良いように思っていなかったようで、メディアの扱いや評価に戸惑いもあったとされています。

その後もアルバムをリリースしていますが、カート自身の苦悩は続き、遂には94年の4月8日に自殺しています。27歳という若さでした。

彼の行き着いた”自殺”という結果にも、世界的な衝撃は計り知れなかったようです。

さて、楽曲の方ですが、なんといっても冒頭の「Smells Like Teen Spirit」は圧巻です。

当時の空気を知らずとも、リフを聴いただけで衝撃を受けます。

激情から静、静から激情へとの行き来が交差し、メタルとも、へヴィとも、はたまたパンクとも受け取れるこの波は、絶妙かつ奇跡的なバランスです。

リアルタイムでない、という視点からすれば他のトラックは退屈な面もあるように思いますが、「Smells Like Teen Spirit」だけはやっぱり色褪せないですね。

「Smells Like Teen Spirit」

トラックリスト

01. Smells Like Teen Spirit
02. In Bloom
03. Come As You Are
04. Bleed
05. Lithium
06. Polly
07. Territorial Pissings
08. Drain You
09. Lounge Act
10. Stay Away
11. On A Plain
12. Something In The Way
13. Endless, Nameless


Nevermind Amazon Unlimited Music