【おすすめの洋楽】The Man Who(1999)/ TRAVIS

トラヴィス祭り、続いてはUKロックの先頭集団に仲間入りしたセカンドアルバム『The Man Who』です。

プロデューサーにナイジェル・ゴッドリッチ(レディオヘッドなど)を迎えているという点もポイントです。

ジャケット

TRAVIS The Man Who

レビュー

前作『Good Feeling』からガラリと様子が変わり、バラード調、ミドル~スローな美しいメロディーが揃い、ある意味驚かされたアルバムでもあります。

1999年は、いわゆるブリットポップという英国ロック勢をはじめとしたアーティストたちやシーンの盛り上がりが終わり始めた頃でもあり、その反動ということも言われています。

ともあれ、鬼門とされるセカンドアルバムで雰囲気がガラリと変わるのは、ある意味バンドやアーティストの今後のアプローチや存在そのものへの賭けではないかと思いますが、私師としてはセカンドで化けるという例となりました。

「Writing To Reach You」

 

どちらかというと、力強く歌い、ギターをガッツリと鳴らしていた前作に比べれば相当な変化です。

しかし、その変化に驚きはしたものの、疑問や違和感はほとんどなく、すんなりと受け入れやすいメロディーになっています。

「Driftwood」も良曲です。

「Driftwood」

 

盛大過ぎず、心に染み入る「Turn」もお気に入りです。

「Turn」

 

そして、「Why Does It Always Rain On Me?」は数々の伝説があるトラックです。

「Why Does It Always Rain On Me?」

 

ライブで、実際にこの曲を歌う際に雨が降り始めるなど、予期しない偶然の演出があるライブにおいて外せないトラックです。

叙情的という形容がよく用いられるバンドですが、正にその通りだと断言できるのではないでしょうか。

なんと言っても優しい、それがトラヴィスの普遍的な価値としてあるのだなと感じます。

続くサードアルバムでもこの勢いは続きます。

トラックリスト

01. Writing To Reach You
02. The Fear
03. As You Are
04. Driftwood
05. The Last Laugh Of The Laugher
06. Turn
07. Why Dose It Always Rain On Me?
08. Luv
09. She’s So Strange
10. Slide Show