【おすすめの洋楽】Wasn’t Born To Follow(2020)[single] / YO LA TENGO

自分の中で若干シリーズ化してきたような気もする、名前は知っているけど聴いたことがないアーティスト、今回はYo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)です。

ジャケット

YO LA TENGO Wasn't Born To Follow single

レビュー

米国のロックバンドであるヨ・ラ・テンゴが、ザ・バーズの「Wasn’t Born To Follow」をカバーして公開しています。

「Wasn’t Born To Follow」
 

EP『Sleepless Night EP』を海外で10月9日にリリース予定で、その中のトラックの一つにこの「Wasn’t Born To Follow」が収録されています。

そのほかのカヴァーは、ボブ・ディランの「It Takes a Lot to Laugh」、The Delmore Brothersの「Blues Stay Away from Me」、The Flying Machineの「Smile a Little Smile for Me」、ロニー・レーンの「Roll on Babe」(originally by Derroll Adams)となっています。

オリジナル曲として「Bleeding」も1曲入っていますが、個人的にこのヨ・ラ・テンゴは聴いたことがなかったんですが、バーズのオリジナル同様にアコースティック調の雰囲気がありつつ、”モノにしている感”があるように思います。

つまり違和感がないので受け入れやすいです。

ヨ・ラ・テンゴは、1984年から活動しているベテランバンドなんですね・・・

正直、へんてこな名前だな程度にしか思っていなかったのですが、聴かずして触れずに終わってしまうところでした。

ジャケットデザインが、美術作家の奈良 美智氏によって手掛けられているのも面白いですね。

トラックリスト

01. Wasn’t Born To Follow