【ライヴ】JAKE BUGG Solo Acoustic Tour(梅田 CLUB QUATTRO)

2018年5月2日

昨年のライヴからわずか1年弱、『ソロ・アコースティック・ツアー』と題し、Jake Bugg(ジェイク・バグ)が来日してくれました。

JAKE BUGG Solo Acoustic Tour

前からアコースティックの形式で見てみたいと思っていたので、すぐさまチケットを購入しました。

非常に良かったと思います。

アコースティックで聴きたかった曲は、全て聴けました。

レビュー

ソロ・アコースティック・ツアーの名の通り、ギター1本で最初から最後まで全部一人で弾き、歌いあげました。

といっても、淡々と歌っていくわけではなく、一曲一曲終わるごとにオーディエンスの反応を見たり、一言二言しゃべってみたりと、案外コミュニケーションを取ろうとしているんだなという感じで、なんだか気さくな人物という印象でした。

# Simple As Thisの時、オーディエンスから「My Favorite!」という声が。(心の中で「俺も!」と思いましたがw)

ジェイクも「Oh, Your Favorite!」と答えたり、オアシスの# Wonderwallをリクエストしたオーディエンスに対し、出だしの1音をならしてみたり、そんな軽いやりとりが多かったように思えたライヴでした。

# Saffronは新曲?でしょうか。

今回のアコースティックにあわせた感じでの披露だったのかもしれませんが、変則的なリズムが印象的でした。

スタジオアルバムに収録されるかどうかわかりませんが、楽しみにしておこうと思います。

# Simple As Thisをはじめ、# Me And You、# In The Event Of My Demiseなど、ぜひともアコースティックで聴きたいと思っていたトラックは聴けました。

# Country Song、# Brokenといった人気と実力を兼ね揃えた曲も聴け、満足のいくライヴでした。

ロックの現状?

下記の写真は、ライヴを終えた直後のものです。(全体的にぼかし加工しています)

JAKE BUGG Solo Acoustic Tour

あまり伝わらないかもしれませんが、オーディエンスの数が非常に少ないと感じました。

世界的にロックの盛り上がりが芳しくないという状況があるのはさまざまな情報といて見聞きしていましたが、今回のジェイク・バグのライヴがその状況をより一層感じさせられたように思います。

ステージ上から見える景色も、少し物足りなさがあったのでは?と思っていしまいます。

ともあれ、オーディエンスに気兼ねなく接してくれる姿に感謝ですね。

ぜひともまた来日して、素晴らしいパフォーマンスをしてほしいです。

以下、Instagram及びTwitterより

久しぶり にほん!first show of the Japan tour tonight in Osaka! 🇯🇵❤️ 📸 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

So happy to be back. Thank you Osaka ❤️ 🎥 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

First time in Kyoto and it didn’t disappoint. ありがとう 京都。📸 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

Kyoto ❤️ 🎥 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

Pre gig anticipation #liquidroom #tokyo 📸 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

Thank you so much Japan! Incredible being here as always. Last night was very special. 🇯🇵❤️ 🎥 @j_w_atherton

jakebuggさん(@jakebugg)がシェアした投稿 –

Thank you, Jake!
Please come to Japan again!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で