【おすすめの洋楽】Treat Her Right(1965)[single] / ROY HEAD

有名なミュージシャンであれど、一人の人間であることは変えようのない事実であり、やがて訪れる終わりも等しくありますが、テキサスのファンキー・ブルーアイド・ソウル・シンガー、ロイ・ヘッドという方が、9月21日に亡くなったのだそうです。

79歳でした。

ジャケット

レビュー

はっきり言って、ロイ・ヘッドというアーティストのことは全く知りませんでした。

訃報のニュースを見て、どういった音楽なのかを聴いてみたところ、60年代においてこれほどエナジーの満ちた歌やサウンドがあったのに、なぜ気づかなかったんだというくらいかっこいいです。

「Treat Her Right」
 

1941年、米国テキサス州スリーリバーズというところに生まれ、1950年代中期からハイスクール仲間で結成したロイ・ヘッド&ザ・トレイツとして活動。

カントリー・シーンから登場した白人アーティストながら、ジェームス・ブラウンばりのソウルフルなシャウトに加え、柔軟な体を活かした派手なダンス・パフォーマンスでも人気を博したようです。

たしかに、動画におけるパフォーマンスはキレッキレです。

また、ジェームスブラウンの名前が挙がるほどの強烈なシャウト、ロック、そしてソウルの要素のあるビートが最高ですね。

ご冥福をお祈りします。

トラックリスト

01. Treat Her Right