【ライヴ/その他】Road to 2018!~フジロックへの道~ #3 宿泊はキャンプが確実?!

2017年9月19日

ライブ、フェス

来年のフジロックを、今の内からいろいろと妄想している中で、気になることの一つ、”宿泊“はどうすればいいのでしょうか。

来年(2018年)の開催日は7月27日(金)/28日(土)/29日(日)、せっかくなので3日間で行こうと考えています。

初日の前日である26日(木)の夜に出発、27日の午前中には苗場に着いておきたいというのと、30日(月)に家へ帰ることを考えると、3泊4日ということになります。

確実なのはキャンプか

会場に “近くて” “安い” という条件であれば、おのずとキャンプになります。

キャンプか・・・。

ということは、テントやら何やらが必要です。

快適さは求めてはいけないのかもしれませんが、キャンプとなるとどうなんでしょう。

一応、かさばるものは[フジロック⇔自宅]間の配送もできるようですが、いやぁ、、、キャンプか・・・。

考えれば考えるほど不安で震えて、気持ちが萎えそうに・・・

テントを張って屋外で寝る、というのは小学校か中学校の時に1、2回した程度、スポーツや釣り、もちろんライブやフェスは大好きですが、私は決してアウトドア派ではありません

しかも一人となると、(人はたくさん居るのに)まさにサバイバルな感じ。。。

宿泊施設

まぁなんだかんだ言っても、やはりここは宿泊施設をなんとしてでも抑えるべきなのでしょうか。

テントよりも、確実に雨や寒さはしのげると思うのですが・・・

最も抜群の宿泊施設であろう苗場プリンスホテルは、複数での予約かつ抽選らしいですね。

かといって、越後湯沢駅周辺でとなると、会場からバス移動はできるものの、それなりの時間や込み具合(当たり前)が気になるところですね。

なんにせよ、メリット・デメリットはありますね。

宿泊は・・・

『キャンプ』にしようと思います!

これも経験、行くと決めたのだから、じっくりとシミュレーションしていこうと思います。

いや~、もう既に今から、楽しみも不安もいろいろと複雑な気分です(笑)

まぁでも、毎年行っている方も、過去に1度きりしか行っていない方も、私からするとフジロッカーの先輩方で、その先輩方が詳しく記録を残しているブログなどの情報がネットにはたくさんあるので、一つ一つ確認しながら、予想通り(思い通り)にも、心配通りにもならないものだと構えて準備を進めていこうと思います。

(次回は金銭面について)

関連の記事

#1 プロローグ
#2 何から準備?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で