【おすすめの洋楽】The Boy With No Name(2007)/ TRAVIS

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

さて、さっそくですが昨年からのトラヴィス祭りの続きで、今回の記事もトラヴィスのアルバムについてです。

ジャケット

TRAVIS The Boy With No Name

レビュー

前作の印象から、純粋に明るくなったと言っていいでしょう。

このアルバムは個人的にも好きなトラックが並んでいます。

まず好きなトラックとしては、「Selfish Jean」です。

「Selfish Jean」

 

トラヴィス節とされる穏やか気味なメロディよりも、ややアッパー気味にテンポよく弾むノリのよいトラックです。

以前、サマソニでライブを観た際、セットリストの最初に持ってきたことで、オーディエンスの反応が非常に気持ちよく盛り上がった感覚を今でも覚えています。

そして「Closer」は、まさにトラヴィスならではのメロディで、心がほっこりするような歌詞もいいですね。

「Closer」

 

トラヴィスは、2nd、3rdの高い評価によって生じる影響で、どうしても比べられがちですが、それはもう仕方のないことであり、ファンもある意味基準として聴いている方もいるでしょう。

私個人としては個別に聴いているつもりですが、そんな評価云々も優しく包み込むような不思議な感覚を不思議と感じさせない魅力があるのがトラヴィスなのではないでしょうか。

前作『12 Memories』で少し落胆されてしまったのであれば、今作で気持ちが復活できるといえるかもしれません(笑)

「My Eyes」

「3 Times And You Lose」

 

トラックリスト

01. 3 Times And You Lose
02. Selfish Jean
03. Closer
04. Big Chair
05. Battleships
06. Eyes Wide Open
07. My Eyes
08. One Night
09. Under The Moonlight
10. Out In Space
11. Colder
12. New Amsterdam
13. Sailing Away
14. Perfect Heaven Space